専門委員会のご紹介

年金財政・会計委員会

〜年金財政と会計の諸課題を共に学び発信する〜

活動方針

(1) 「新財政運営基準」の理解を深める
(2) 制度・税制を巡る議論等への対応
(3) 委員会活動の活性化を図る
(4) 財政検証アンケートの実施継続

活動計画

(1) 新財政運営基準における責任準備金の定義や財政均衡の考え方、リスク対応掛金等への理解を深めることに主眼を置き、退職給付会計や税制面に与える効果・影響、資産運用面での検討ポイント、事例研究・情報交換等を含めた勉強会やオープンセミナーを開催する。
(2) 年金税制のあり方、イコールフッティングの議論、非継続基準の見直し等を注視し、情報連携するとともに、必要に応じ意見・要望の発信に参画する。また、退職給付会計の諸動向に係る情報提供を継続する。
(3) 委員会登録メンバーの定例会・勉強会への参加率を高めるため、アンケートによる意見聴取を行い、運営方法・内容の改善を図る。合わせて委員会への勧誘方法を検討する。
(4) 分析結果の「きねんきょう誌」への掲載時期を踏まえて日程を前倒しして実施、アンケートシステムの設定・分析にかかるノウハウ承継にも考慮した運営を行う。

行事予定

(1) 定例委員会 年4〜5回の開催(合宿セミナーを含む)
(2) 運営委員会 年8回〜10回程度随時開催
(3) 実務セミナー(勉強会) 2〜3ヵ月に1回の頻度で開催(定例委員会に併設)
(4) 基礎講座・入門講座 各年1回(入門講座は講師派遣・グループワーク応援)
(5) オープンセミナー 年1回以上(財政/会計など、勉強会を極力オープン化)