部会・専門委員会のご紹介

年金財政・会計委員会

〜年金財政と会計の諸課題を共に学び発信する〜

活動方針

(1) 「新財政運営基準」に関する理解を深め、実務面全般の知識を身につける 。
(2) 制度・税制を巡る議論等へ参画し、必要に応じ委員会としての意見を提示する 。
(3) 財政検証アンケートを継続実施し、企年協の共有財産としての価値を向上させる 。
(4) 委員会メンバーの拡大、委員会活動の活性化を図る 。

活動計画

(1) 新財政運営基準における責任準備金の定義や財政均衡の考え方、リスク対応掛金等について、知識としての理解に止まらず実務運営に役立つレベルまで身につけることを目指し、事例研究・情報交換等を含めた勉強会やオープンセミナーを開催する。
(2) 年金税制のあり方、 イコールフッティング の議論、非継続基準の見直し等を注視し、情報連携するとともに、必要に応じ意見・要望の発信に参画する。また、退職給付会計の諸動向にかかる情報提供を継続する。
(3) 財政検証アンケートの日程を更に早め、「きねんきょう誌」「CPN」への分析結果の掲載時期を早期化 する。システム・分析利用にかかるノウハウを承継する。
(4) 勉強会・セミナー等は「参加したくなるテーマ」を工夫し、機会を捉えてメンバーを勧誘する。

行事予定

(1) 定例委員会 年4〜5回の開催(合宿セミナーを含む)
(2) 実務セミナー(勉強会) 年4〜5回の開催(定例委員会に併設)
(3) 運営委員会 年4〜8回程度随時開催(メール連携も活用)
(4) いちから学ぶセミナー 少人数で「手を動かす」実践型のシリーズもの
(5) オープンセミナー 年2回以上(財政 会計など、勉強会を極力オープン化)
(6) 基礎講座・入門講座 各々年1回(入門講座は講師派遣・グループワーク応援)